出雲日御碕灯台

DSC_0749.JPG
県の農業技術センターへ見学に行った帰り道、出雲日御碕灯台に寄ってもらいました。

日御碕の突端にある日本一の高さの灯台です。中の階段を上って一番上まで行くことが出来るので上がりましたよ。
鉄の階段で160段くらいをグルグルと上がって行きます。(大人¥300)

DSC_0747.JPG
正面は日本海。展望台の右方向の眺め。山の中に住んでいるので海の眺めは気持ちいいですね。

DSC_0748.JPG
展望台の左方向はこんな感じ。この日の日没は19:20頃。見てみたいな、日没。
駐車場から灯台までの道の両脇には飲食店やお土産屋さんが立ち並んで江の島みたいですが、ほとんどが閉店休業中でした。灯台の周りには遊歩道が整備されています。
出雲大社にお参りをして、この辺に泊まって海の幸を堪能してノンビリ、っていう観光コースがお勧めなのだと思います。私たちは日帰りです、残念(仕事なのでね!)。

うさぎちゃん

DSC_0733 (1).JPG
誰もいない職場のジョウロに入り込んで出られなくなっていた子ウサギ。
大きくして食べよう、という意見もありましたが、野生動物を飼ってはいけない法律もあるので放しました。冬には真っ白の冬毛になるらしい。見たかったな~。

DSC_0729.JPG
猪の足跡。毎晩うちの庭に出没している様子です。去年まではこんな民家の庭にまでは来なかったらしいのですが。

今朝は6時集合で地域の草刈りに参加してきましたよ。子供たちの通学路の両脇の草刈りをしてスッキリ。
刈った草をどうするのかと思いきや、小さいパワーショベルでゴゴゴーと集めて、道の脇の林の中に投げ入れた!ワイルドでビックリです。

忠猫ティンクル

DSC_0651.JPG
私が帰って来た車の音に反応して見に来るティンクルさん。私の姿が見えるとニャーと鳴きます。
モチロン玄関でお出迎えをしてくれて、抱っこすると顔をなめてくれます。
私がお風呂に入っていると一応入って来るけどソソクサと出て行って、足ふきマットの上に座り私を出待ちしています。
ニャー(ご飯)と言うのでご飯を上げると半分食べて、ニャー(食べさせろ)と言う・・・可愛いけど、やっぱり私がシモベなのです。

お昼寝

DSC_0723.JPG
手足を伸ばして寝ているティンクルさん。ネコとは思えない寝相です。
今日はよく寝ているらしく、コッソリ爪切りをしてもバレませんでした。

DSC_0724.JPG
手足を伸ばしているのが疲れたのか、半分丸まっている。これがネコの自然体かも。

今日はボーーーっとしていたら夜になってしまった・・・来週の日曜日は集落の草刈りで、朝6時集合なんですよ!

梅雨

DSC_0716.JPG
梅雨といえばアジサイ。庭にも咲いていましたよ。
アジサイといえばカタツムリ、と連想してしまうのですが、実際にはアジサイの葉には毒があるのでカタツムリは食べないらしい。

DSC_0722.JPG
よく見かけるシオカラトンボ。トンボなのにどうして塩辛なんだろう??

先週、私はお隣に草刈機をお借りして、ブーンブーンとモーター音を上げて草刈りをしておりました。その様子を近所のお寺の奥様が見ていたようで、後で「大阪から来たのにどうして草刈機が使えるのか?」と真顔で聞かれました。確かにもっともな疑問です。職場で使わなければ私も一生使うこともなかったと思いますが、今は自家用の草刈機が欲しいだなんて・・・人間、変わるものです。



梅雨の晴れ間

DSC_0703.JPG
今日のカエルちゃん。暑そうだったのでシャワーをかけてあげました。
虫をたくさん食べて苗を守ってね!!

DSC_0704.JPG
梅雨だというのに爽やかな青空。猛禽が飛んでいた。
昼間は30℃近くまで気温が上がるのですが、朝は12℃だったり13℃だったり。朝晩は涼しくて快適なのです。
息子は海で遊んでバーベキューをしてきたらしい。楽しそうで何よりです。

DSC_0706.JPG
移住者の先輩からお花を頂いた。先輩は花農家さんで、品評会で毎年賞を取っている人です。すごいね!
こんな色のヒマワリは初めて見ましたよ。
お花を2束頂いたので、ご近所の奥さんに1束お裾分けしたら、ノドグロの干物を頂いちゃった♪ 頂き物で生活する私。

栗の花

DSC_0695.JPG
脱衣所の窓を開けていると、甘い匂いがしてきます。花の蜜の匂い。
家の後ろの山で、栗の花が咲いていましたよ。栗が熟したら裏庭に落ちてくる位置です。ムフフ、今年は栗を買わずに食べられる予感♪ 家の横の道路の向こうに生えている柿の木は渋柿だそうですが、私が採っていいそうです(地権者に確認済)。干し柿に初挑戦する~♪ 秋が楽しみです。

DSC_0700.JPG
庭のノースポール(?)は放ったらかしでも勝手に芽が出て育って花が咲きました。雑草並の強さです。偉いぞ!!
芍薬の花は栄養が足りなかったせいか、蕾が開かずに朽ちてしまう物が多かったです。でも芽は出てくる。不思議!